BCレガシィよ永遠なれ


by lancer-cedia

レビュー

レガシィを知っている人間は多くいても、私の乗るBC型については意外と知らない人が多い
どんな車でどんな使い勝手なのか

ちょっとでも紹介してみましょう
ちなみに参考までに、日本で1、2位を争う売れ筋車種であるFiTのデータも載せてみます


このレガシィの紹介は1.8Ti Type-Sの場合です。
グレード、年式により装備に違いがありますので注意して下さい



エクステリア
4510x1690x1385(全長x全幅x全高(mm))
3850x1675x1525(FIT数値)
a0029395_16362972.jpg

のボディサイズは大きすぎず小さすぎず、私は扱いやすくて気に入っている
今の車のように居住性を重視してキャビンを大きくとろうとしていないので、バランスの取れたシルエットとも言えます

変哲がないと言えばそれまでですが…

形状は見た目どおり角ばっています
ボンネットが視界に納まるので運転しやすいのが特徴。
最近はトランク部分が短い車が多いので、それらと比べればバックはしづらいかもしれません



インテリア
1875x1415x1155(室内全長x室内全幅x室内全高(mm))
1835x1385x1280(FIT数値)

垂直に落とされたセンター部は解放感があります
逆に言えば、スイッチ類が遠くにあるので操作しづらいです
a0029395_1638249.jpg


快適装備については
オートエアコン
a0029395_1637141.jpg


パワーウインドウ
a0029395_16371931.jpg

電動調整式ドアミラー
a0029395_16373133.jpg

チルト(上下調整)ステアリング

が装着されていました


14年前の「高級車」
だけあって、現代でも不満のない装備を有しています。
純正時で気になるのは、オーディオと電動格納式ドアミラーじゃないことぐらいでしょうか


使い勝手

最近の車と比較してエンジン音が車内に侵入してきやすい
ドアミラーより風切り音がする
等、静粛性は優れているとは言えません。
1800ccエンジンなので、少しエンジン回してもそこらのコンパクトカーよりはマシかもしれませんが…

後部座席のゆとりはけっこうあります
a0029395_16422895.jpg

ホイールベースが短い割には健闘しているんじゃないでしょうか

ドアは小さめです。
a0029395_16384394.jpg

a0029395_16385356.jpg

90度に開いたり、3段階に開閉角度が付いていたりしないので使いづらい面もあります
室内高がないので、乗り降りはそちらの方が気になるかも

a0029395_164571.jpg

トランクはバンパーから開閉するので使いやすいです
容量もいっぱーい…なハズですが、私のトランクにはウーハー載ってるので狭いです


視界

ミニバンと比べてはいけません。私の視点から見るとこのように見えます


運転席
正面
a0029395_16401190.jpg


a0029395_16403455.jpg


a0029395_16404776.jpg

バック時
a0029395_1641687.jpg





燃費

使用燃料
レギュラー
レギュラー(FIT)

10-15モード走行燃費
13.0(km/l)
23.0(FIT)

実燃費
約8.0(km/l)
約15.0(FIT)

タンク容量
60?
42?(FIT)

燃費は…FITと比べるのは酷でしょうね
プレミオ等のボディサイズが近いセダンと比べても厳しい戦いです

この辺は年月の差を感じさせます





とりあえずはこんな感じでしょう
[PR]
by lancer-cedia | 2004-12-25 16:43 | BCレガシィは永遠に