BCレガシィよ永遠なれ


by lancer-cedia

せつない気持ち

とあるお店に入ろうと、ウインカーを出して歩道を乗り越えて行こうとした時…

女子高生数人が自転車に乗って向かってきたので、やり過ごしてから行こうかと思っていました

すると、先頭を走っていた女子高生。一時停止して私に
「どうぞ~」
と合図してくれるじゃないですか♪

今時の女子高生にしては珍しいです




こりゃ惚れたな…私(笑
譲ってくれるのだから、会釈の一つでもするのが筋ってもんです



しかし、ここにきて大きな問題が


透過率%のスモークフィルムによって、私が会釈しても気付かれないじゃないか!





しょうがないので、すれ違い様にクラクションを軽く鳴らします


パァァー!(下品な音)


うっ!クラクション換えていたのを忘れていた…
同僚によると「トラックみたいな音色」だそうですから、その下品さは相当なものです



なんだか悪い事した気分…ごめんなさい女子高生さん




今度から、窓を開けて挨拶する事にします
譲ってくれた時には窓を開けてありがとうの表現を伝え、
割り込みされたり、自分勝手な運転をされた時には…中指でも立てますか?


どちらにせよ、私のガラが悪く見えそうな予感がします
自分の車が嫌になったことなんて初めてだ!

[PR]
by lancer-cedia | 2005-01-27 15:59 | BCレガシィは永遠に